BLOG

スタッフブログ

地盤補強

現場通信

皆さんこんにちは、BMの野口です。

今回は、地盤補強を行っている状況です。

地盤補強は、環境パイル工法で行います。

環境パイル工法とは、防腐・防蟻処理を施した木材を

軟弱地盤から固い地盤まで打ち込む工法です。

数ある地盤補強の中でも、今回は環境への配慮とコスト削減で決めました。

㈱土木管理総合試験所様 HPより引用

 

 

 

実際に杭を打ち込んでいる状況です。

 

 

直径が約150㎜で長さが4000㎜で加工された杭です。

固い地盤まで7000㎜あるので途中でジョイント金物が必要となります。

 

 

ジョイント金物です。

ステンレス製でしっかりしています。

 

 

固い地盤まで届いたら高さを調整してエンドキャップ金物を取り付けて完成です。

 

 

この作業を必要な箇所に打込んで地盤補強が完成となります。

 

 

約70本打ち込まれました。これで建物の沈下を防ぐことができます。

作業自体は、1日で完了です。あっという間に終わってしまいました。

次回は、いよいよ基礎工事となります。